Home

 


6月の開港記念会館での開港記念コンサートは、テレマンの食卓の音楽 第2集全曲コンサートを、感染症対策を十分に行い開催いたしました。ありがとうございます。大変好評をいただき、9月のテレマンの食卓の音楽 第3集も続けて予約いただくなど、ありがとうございます。

New!!

そこで、「全曲コンサートスタンプラリー」のスタンプはありませんが、第2集に来ていただいたお客様は、第3集のコンサートを500円割引でお聴きいただけることにいたしました。(お連れ様が増えても同じ予約のみなさまが割引対象になります。どうぞよろしくおねがいします。既に9月の予約いただいた方で対象のみなさまは私どものほうで割引の手配をしておきますので再度の連絡は不要です。)

「食卓の音楽第2集」を聴き逃した方も是非いらしてください。(まだ第1集も残っておりますので、スタンプラリーは続きますので)

夏の山手西洋館のコンサート、本年(山手西洋館サマーフェスティバル参加)は山手234番館で1年ぶりに開催いたしました。お客様・西洋館スタッフのみなさま、ありがとうございました。

8月には古典クラリネットの満江菜穂子さんとのご縁が広がり、フォルテピアノの寺村朋子さんと古典クラリネットとフォルテピアノのコンサートを開催することになりました。昨年末の開港記念コンサートでお聴きいただきました古典クラリネット、だ大型のクラリネット バセットクラリネットだけでなく、バロック時代のクラリネット(シャリュモー)も登場。山手バロッコも参加させていただきます。予約満席になりました)。

 

New!!

新たに、9月のコンサートを2つ、10月のコンサートをお知らせします。

93日 山手西洋館ではありませんが、一緒に演奏してくださった皆様の1300年〜1600年の器楽と声楽の接点を探す珍しいコンサート「歌に焦がれて」と
9
4日 恒例の秋の外交官の家の大村千秋さんのコンサート「西洋館で味わう バロック・ヴァイオリンとチェンバロの調べ」が開催されます。

また、10月には昨年感染症拡大の影響で開催できなかった欧州からの来日の大変貴重なアンサンブル「トリオ・シュタットルマン」がいよいよ西洋館に登場です。

 

こちらも、どうぞよろしくお願いいたします。

 



New!!

横浜開港記念コンサート

古楽器の響きで味わう
テレマン 食卓の音楽 第3

アンサンブル山手バロッコ演奏会

 

 「テレマン・音の満漢全席」 

 

 

横浜港と姉妹港の関係にあり、交流を重ねているドイツ・ハンブルク港。このハンブルクの音楽監督として活躍したのが、バロック時代最大の流行作曲家・テレマンです。
その最高傑作は全3集から成る「食卓の音楽」。晩餐会のための音楽という名前をもつこの曲集をすべて演奏する、いわば「音楽のフルコース」とも言えるコンサートシリーズの第2弾です。
今回は食卓の音楽第3集全曲をお届けします。歴史的ホールで、横浜の開港とハンブルクとの交流に思いをはせて、様々な組合せ・趣向で味わう音楽のひととき。豊かな空間においでください 

 

曲目

G.Ph.テレマン 食卓の音楽 第3集(全曲) 

2つのオーボエ、弦楽合奏と通奏低音のための序曲 変ロ長調

フルート、ヴァイオリン、チェロと通奏低音のための四重奏曲 ホ短調

2つのホルンのための協奏曲 変ホ長調

2つのフルートと通奏低音のためのソナタ ニ長調

オーボエと通奏低音のためのソナタ ト短調

2つのオーボエ、弦楽合奏と通奏低音のための終曲 変ロ長調

(都合により曲目が変更になる場合もあります)                 

出演: 

ゲスト

高橋理恵子(フラウト・トラヴェルソ)、大山有里子、今西香菜子(バロック・オーボエ)
慶野未来、飯島さゆり(ナチュラル・ホルン)、永谷陽子(バロック・ファゴット)、坪田一子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

 

アンサンブル山手バロッコ 
曽禰寛純(フラウト・トラヴェルソ、角田幹夫、大澤信行、山口隆之、伊藤弘祥 (バロック・ヴァイオリン)
小川有沙(バロック・ヴィオラ) 、飯塚正己(コントラバス)、和田章(チェンバロ)

 

日程:2021925() 14時開演(1330分開場)

場所:横浜市開港記念会館・講堂(横浜市中区本町1-6

 
入場料:3,000円※(240席・予約制) 
NEW!!65日のコンサートに来てくださった方は500円引きになります。

感染症対策に従い、限定席で開催いたします。

予約・問合せ:アンサンブル山手バロッコ
予約は、演奏会開催や感染症拡大防止などの対応のご連絡が迅速に行えるよう、「コンサート名、人数分のお名前、
ご住所、お電話番号」を明記して電子メールで山手バロッコ(esyamasemi@yahoo.co.jp)までご連絡ください。

なお今後の感染状況の変化によりましては、止むを得ず演奏会を中止することもございます。
当日は入場時の検温、手指の消毒、マスク着用などのご協力をお願いする予定です。

 

主催:アンサンブル山手バロッコ

http://yamatebarocco.sakura.ne.jp/index 

 

後援:横浜市中区役所


New!!

洋館で親しむバロック音楽

 イギリス館で聴く 

18世紀のクラリネットとシャリュモー

 

 

シャリュモーとは、クラリネットの前身と言われるシングルリードの木管楽器です。この演奏会では、めったに演奏されることのない、アルト・テナー・バスの3種シャリュモー(チラシの写真右)のための三重奏曲をお届けします。また、18世紀末のクラリネット(チラシの写真左)は、ツゲの木でできています。ウィーンの名工ヴァルターによる当時のフォルテピアノも現代のピアノとは異なり、木の響板、軽いハンマーで、シンプルなつくりをしています。それらは、同時代のガット弦を張ったチェロや木管フルートとも絶妙なバランスで溶け合います。夕方のひととき、横浜市山手地区の由緒ある洋館サロンにて、どうぞご堪能下さい。
おかげさまで予約満席になりました

 

曲目 

C. グラウプナー:3つのシャリュモーのための序曲 ハ長調 GWV401
J.B.
ヴァンハル:クラリネット・ソナタ 変ロ長調より
J-X.
ルフェーブル:クラリネット・ソナタ 第1番、第7番
F.
ドゥヴィエンヌ:クラリネット・ソナタ 第2番 変ホ長調
F-A.
ボワエルデュー:クラリネット・ソナタ 変ホ長調より
G.
シローリ:クラリネットと通奏低音のためのソナタ 変ロ長調
C.P.E.
バッハ:ピアノ、フルート、ヴィオラ(クラリネット)、チェロのための四重奏曲 イ短調 Wq93

(都合により曲目が変更になる場合もあります)

出演:

粟谷 明菜 飯塚 健太 木原 亜土 品田 博之 渋谷圭祐 戸田 竜太郎 野田 祐介 満江 菜穂子 山根孝司 横田 揺子
(クラリネット :シャリュモー /バセットクラリネットを含む)

曽禰 寛純(18世紀フルート)、黒滝 泰道、柳部 容子(チェロ )、寺村朋子(フォルテピアノ )

 

2021811日(水) 16時開演 横浜市イギリス館 
入場2000円 (限定席予約制)
おかげさまで予約満席になりました

 

予約はアンサンブル山手バロッコで受け付けます。電子メールで esyamasemi@yahoo.co.jpまで、コンサート名、枚数をお知らせください。
開催可否や感染症拡大防止などの対応のご連絡が迅速に行えるよう、お名前、枚数に加え、ご住所、お電話番号をうかがいます。

 

主催・問合せ:MITSUEピリオドクラリネット研究会 mitsue.info@gmail.com、協力:アンサンブル山手バロッコ

 


New!!

歌に焦がれて

 

器楽が歩んだ300年:13001600

 

山手西洋館で演奏してくださったハープの伊藤美恵さんを中心としたコンサートが開催されます。

バロック時代の器楽奏者は歌(声楽)を目標に研鑽していました。このコンサートでは、その前の時代までの歌と器楽の動きが体感できそうで楽しみです。
わたしたちも応援させていただいております。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


New!!

山手西洋館サマーフェスティバル

 

 西洋館で味わう
〜バロック・ヴァイオリンとチェンバロの調べ〜

“洋館で親しむバロック音楽”シリーズ  アンサンブル山手バロッコ演奏会

 

曲目

A. コレッリ/ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ハ長調 Op.-

J.K. フィッシャー/ 「音楽のパルナッソス山」より

J.S. バッハ/ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ 第2番 イ長調 BWV1015ほか

(都合により曲目が変更になる場合もあります)

 

出演: 

宮崎 蓉子(バロック・ヴァイオリン)、大村 千秋(チェンバロ)

202194日(土)14301730開演 
外交官の家(横浜市中区山手町16)  


参加費:2,500円 (予約制 1430の部、1730の部 共に18席)

感染症対策に従い限定席で開催いたします。なお、今後の感染状況の変化によりましては、止むを得ず演奏会を中止することもございます。予約は、演奏会開催・感染症拡大などの対応のご連絡が迅速に行えるよう、「コンサート名、お名前、枚数に加え、ご住所、お電話番号」を明記して、ご連絡ください。入場時の検温、手指の消毒、マスク着用などのご協力をお願いいたします。

82日(月)1000より外交官の家(下記)に電話、または直接来館にて受け付けます。料金は前払い(来館でのお支払い、振込でのお支払いのいずれかの方法)とさせていただきます。

予約・問合せ:外交官の家(開館時間9:3017:00 第4水曜日は休館) 電話:045-662-8819

主催:公益財団法人 横浜市緑の協会/外交官の家
協力アンサンブル山手バロッコ


New!!

洋館で味わう
バリトン・トリオの響き

結成10周年記念日本ツアー

“洋館で親しむバロック音楽”シリーズ  アンサンブル山手バロッコ演奏会

 

横浜市イギリス館は、1937年に、英国総領事公邸として建設された由緒ある建物です。聴いていただくバリトン・トリオは、ハイドンがエステルハーズィ侯に仕えた時に、候の弾く「バリトン」と一緒に演奏するために作曲したため、出版もされず宮廷内でしか耳にすることのできなかった曲でした。この珍しい室内楽を、由緒ある西洋館の親密な空間で、宮廷への想いを膨らませながら味わいたいと思います。
ゲスト出演は、スイスで結成・活躍中の「トリオ・シュタットルマン」です。結成10周年の節目のコンサート。感染症の影響で1年遅れで待望の登場です。

 

曲目

J. ハイドン / バリトン三重奏曲

30番ト長調

44番ニ長調

101番ハ長調

113番ニ長調

 

L. トマジーニ / バリトン三重奏曲 ニ長調 他

(都合により曲目が変更になる場合もあります)

出演: 

トリオ・シュタットルマン
坂本龍右:バリトン、朝吹園子:ヴィオラ、菅間周子:ウィーン式コントラバス
 

20211011()19時開演
横浜市イギリス館(横浜市中区山手町115-3
入場料:一般3500円、学生3000円(予約制)
西洋館の感染症対策に従い限定席で開催いたします。なお、今後の感染状況の変化によりましては、止むを得ず演奏会を中止することもございます。予約は、演奏会開催・感染症拡大などの対応のご連絡が迅速に行えるよう、「コンサート名、お名前、枚数に加え、ご住所、お電話番号、枚数」を明記して、電子メールでesyamasemi@yahoo.co.jpまでご連絡ください。(個人情報は演奏会、感染症関連のご連絡以外には使用いたしません。)

入場時の検温、手指の消毒、マスク着用などのご協力をお願いいたします。

予約・問合せ:アンサンブル山手バロッコ esyamasemi@yahoo.co.jp

 

主催:アンサンブル山手バロッコ

 


電子メールでの案内をご希望の場合は、esyamasemi@yahoo.co.jp まで「山手バロッコ案内希望」とメールをお願いします。


 

Home